【ω ねこふぐりω 】 -Blog-

非ツクール系の18禁RPG・ACTゲームを制作している同人サークル ωねこふぐりω のブログです。

ベルトスクロールアクション:女戦士マン・カースACT制作中!


敵キャラのフィニッシュモーションとかあったりします?

BlogPaintこねここねこ様からご質問頂きました。

「敵キャラのフィニッシュモーションとかあったりします? 」という質問にお答えします。
ステージ1で出てきたスライムやオオカミ、カンダタ子分も後半のステージでは、色を変えより強力になって出てくるのですが、強くなるだけではなく、Hもより過激になって再登場します。

例えばステージ1のスライムは女戦士の股間に顔をすり寄せてきただけでしたが、強いスライムはフィニッシュして精子を流し込んできます。また、オオカミもバックの姿勢から中出ししたり、 カンダタ子分(こん棒使い)に関しては、フィニッシュ後、精液が流れ出るアニメにも挑戦してみました。

clip_2また、マドハンドとかち●こがなく中出し出来ない敵には、フィニッシュで女戦士がイキ、潮を吹かせたりしてみました。他にもいろいろなジャンルのえっちに挑戦してみましたので、様々な敵と戦って襲われ、色んなえっちなアニメを是非、探してみてください。



BlogPaint

女戦士監禁、盾は使えないの?

clip_2どうもあなきんです。
さて、女戦士監禁の体験版では、使えなかった盾ですが
バグがあってわざと使用禁止にしていました。(といっても結果的に体験版はバグバグでしたけど…)
今、復活させてバグをとっている最中です。
ほらこのとおり、盾で魔法使いのラリホーを防ぐこともできます。

ボス戦でのHシーン回収

バランス調整を主に担当しているhiyodoriです。
『女戦士監禁』への様々なご意見、非常に参考になってます。コメ欄以外にもメールでも、有難うございます。

ボス戦でのHシーン回収についてですが、ボス戦でも逃げられる仕様になっていますので、危なくなったら一旦逃げて→リレトミ→セーブができるよう、リレトミの巻物の価格も1/10に下げようかと思います。
また昨日の時点で改良済みですが、ゲームオーバーしても最後にセーブした時点から復活して、尚且つその前に見たHシーンも記録されるような作りになりました。
一応、Hシーンはクリア後の二周目も引き継げる予定ですので、もし一周目に全回収が無理でもortしないでください(笑)短めのゲームなので、気楽に何回も遊んでもらえればいいなと思って作っています。

帰るまでが遠足状態の緊張感あるゲームにしたかったのですが、男戦士様のご意見「アクションにえっちシーンが差し込まれているのがやりたいわけでえっちシーンを回収するゲームにアクションが入っている、では何かが違う」にもあったように、Hゲーとしてのコンセプトにはちょっとそぐわないというか、厳し過ぎたかも知れません。
個人的に縛りの中でいかに上手く立ち回るか(今回の場合はいかに死なずにイベントを効率よく回収するか)という挑戦が好きなために、このようなバランスにしてしまったんですが、根本から見直す必要があるのかなと反省しております。

いやー、はじめてのHゲー作りということで、本当にいろいろ勉強になります。これからも、辛口で構いませんのでばんばんご意見いただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。


女戦士監禁、体験版が難しい

女戦士監禁、体験版が難しいという意見が多数とどきましたので、発売日までまだ日にちがあるので
難易度を大幅に減らすことになりました。

またエンカウントの処理ですが、頻発過ぎるとのことでしたので、すぐに修正し、戦闘後2秒間は、絶対に敵にエンカウントしない処理を施しました。

えっちシーンを見た後、HPが尽きて倒れてしまうとタイトルに戻って、見たシーンが記録されないという仕様ですが、HPが尽きても最後にセーブした場所に戻されるだけで見たえっちシーンはちゃんと記録出来るようにしました。

みなさまのアドバイスやご感想がかなり役にたっております。
少しでもよい作品に仕上げたいと思いますので、どしどし気になったところは、ご報告下さい。
よろしくお願いします。

あなきん

女戦士監禁、体験版のアップロードが完了しました。

タイトル女戦士監禁、体験版のアップロードがようやく完了しました。
審査が終われば、Dlsite様から配布が開始されると思います。
まだ、開発中なので、バグとか、不具合は結構残っていますが、完成版ではちゃんと修正いたしますので、ご安心下さい。
また、体験版を遊んでみて、気になったことなどございましたら、是非ご一報下さい。
なにせ、はじめての本格18禁ですから、まだ手馴れていないことが多々あるかと思います。
ご指摘くだされば可能な限り対処いたしたいと思いますので、よろしくお願い致します。


Axfc UpLoaderにも仮にアップしてみました。
すぐに遊んでみたい方はこちらからどうぞ。
http://www1.axfc.net/uploader/so/2788111.zip

女戦士は3人の声優さんからボイスをチョイス

女戦士監禁のひとつの売りとして、3人の声優さんの声を選択してプレイ出来ます。
今回、声を当ててくださったのは、下記の3名です。

 綾奈まりあ様…凛々しくボーイッシュなイメージ
 黒月亮様…元気な正統派ヒロインタイプ
 里々朱あん様…お色気たっぷりのお姉さん風

本来は、「メニュー」の「sound」の「ボイスセレクト」から選択する仕様だったのですが
気づかずプレイする人もいるかもしれないので
新規にゲームを始めるときにも、声の選択が出来るようにしてみました。
clip_2







声の選択画面はこんな感じです。
決定ボタンで、あえぎアニメとあえぎ声(12種類)が聞けます♪

体験版は明日くらいに発表でしょうか。遅くなってしまいました。

落とし穴に落ちたらおおミミズだらけ

体験版に新しく追加したえっちなイベントは、フィールドに無造作に設置された落とし穴です。
落とし穴に落ちた女戦士は、気絶をするのですが、大量の大ミミズがどんどん湧いて出てきます。
体の穴と言う穴に大ミミズが入り込み、もがき苦しむというシチュエーションです。
clip_2

女戦士監禁、もう少しえっちなイベントの追加を・・・。

女戦士監禁、デバッグは終わりましたが、もう少しえっちなイベントを追加しようと思います。
というわけで、体験版の発表は2、3日遅れそうです。
申しわけありません。

といいますのも、開発は主に2人でやっているのですが、ゲームバランスをとった人曰く
「レベルアップして強くなってから、Hイベントを収集する」という考え方と
プロデューサーである私の「犬も歩けば棒に当たる」のように
「レベルアップしなくても女戦士が歩いているだけでHなイベントに遭遇する」
この2つ考えが相反しているのです。

確かに強くなってからHイベントを回収するゲーム性は面白いと思います。
ただ、このゲームはアクションゲームやコレクションゲームより
18禁ゲームの特徴を前に出したいので、Hなシーンが1ステージから
バンバン出て欲しいというプロデューサーである私の願望があるわけです。

そこで、折衷案を考えました。
フィールドを歩けば敵と遭遇し戦闘になり、戦闘に負ければHシーンになるのですが
敵とも遭遇しますが、Hイベントとも遭遇するようにすることで、2人の主張をうまく融合出来そうです。

というわけで、フィールドを歩いているときに遭遇するHなイベントを3つほど作り、体験版に組み込んで完成させたいと思います。
というわけでありまして、体験版の発表は2、3日伸びるかもしれませんが、なにとぞ、ご了承下さい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

web拍手
記事検索
サークルプロフィール
作品一覧
amazon
  • RSS
  • Dlsite blog